カーリングのストーンは20キロもある!

カーリングというと、氷上を滑らせる大きな石のような道具を思い出しますね。
あれの正式名称はなんというんでしょうか。

氷上を滑らせる大きな石のような道具:

ストーンと呼びます。

直径約30pの水を吸収しにくいスコットランド産の花崗岩を使用していて、
重さは約20kgもあります。

ストーンを投げるときには、必ず右回りか左回りのどちらかに
回転させることになっています。

ですから、ストーンがまっすぐに目標に滑っていくことはなく、
ゆるやかな弧をえがきます。

それが「カーリング」の名前の由来なのです。

名寄カーリング協会 How to カーリング?参照  
スカップ軽井沢 カーリングってなに?参照 

>>このサイトのカーリング関連記事を最初から読んでみる?

カーリング、ここさえ押えておけば大丈夫

カーリングは、スポーツですが「氷上のチェス」あるいは「氷上のビリヤード」とも呼ばれています。
カーリングは、どのようなスポーツ競技なのでしょうか。

【カーリングのルール】

カーリングはストーンと呼ばれる円形の石を、
氷上約40メートル先の的(ハウス)に向かって、
相手チームと交互に投げ合い得点を競う競技です。

チームは4人で構成されています。(リザーブ選手1人を加えると5人)

基本的なルールは、1人が2投づつ、1チーム計8個のストーンを
相手チームと1投ずつ交互に投げ合います。

16個のストーンが全て投球されて、1エンド(回)が終了します。

1エンドごとに得点を数え、それを1試合で10エンド行い勝敗を決めます。

得点の数え方は、エンド終了時のハウス(円形の的)の状況によって決められます。

ハウスの中心に一番近い位置にあるストーンのチームに、
各エンドの得点の権利が与えられます。

得点の権利を得たチームは、
相手チームのハウス(円形の的)の中心に一番近いストーンより、
自分達のストーンが何個内側にあるかで得点が決められます。

JOC カーリング トリノオリンピックのみどころ参照

オリンピックを見ていて、ルールが難しいスポーツのように感じていましたが、
割りと単純明快で分かりやすいルールですね。

・ハウス(円形の的)の一番中心にストーンを置いたチームが得点権を得る。
・各チームの一番中心に近いストーンの間に、
 得点権を得たチームのストーンがいくつあるかで得点が決まる。

この2点だけでも押えておけば、カーリングを見ていても状況がはっきり分かりますね。

カーリング施設「スカップ軽井沢」さんのサイトに、得点に関する図解説明がありますので、
そちらも参考にしてみてください。

>>続きを読む

日本のカーリングは北海道で育まれた

15世紀にスコットランドで始まったのではないかといわれるカーリング。
日本では、どのように普及したのでしょうか。

【日本の競技の歴史】 JOC カーリング 日本の歴史より

日本のカーリングの歴史は1937年までさかのぼります。

1936年に行われたガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピック冬季競技大会に
参加した日本選手によってカーリングが正式に紹介されたといわれています。

これは1940年に開催予定だった札幌冬季オリンピックでの採用を目的とし、
持ち帰ったものですが、残念ながら第2次世界大戦により
札幌冬季オリンピックは開催されることなく、カーリングも普及には至りませんでした。

しかし1981年に北海道カーリング協会が設立。

これは前年に北海道庁が招待した元世界チャンピオンのウォーリー・ウースリアック氏の来日によって、
北海道の市町村でカーリング講座を開いたことがきっかけだったといわれています。

北海道カーリング協会の設立を機に日本でも徐々にカーリングの認知度が高まり、
1984年には日本カーリング協会が結成され、本部が札幌におかれました。

同年には第1回日本カーリング選手権大会が開催され、それ以降、毎年大会が行われています。

1992年11月に(社)日本カーリング協会が発足し、本部も東京に移転しました。

日本のカーリングの歴史は、約70年もあるようです。

北海道の方々が中心となって、
今日の日本におけるカーリングの発展を支えてくれたのですね。

最初から、カーリングの施設があったとは思えませんから、
やはり、冬の凍った湖などでプレイしていたのでしょうか。

>>続きを読む

カーリングはスコットランドで始まった!?

トリノオリンピックで、日本女子カーリングチームががんばりましたね!
マイナーなゲームでしたが、彼女達の活躍により注目度がアップしてきました。
カーリングの歴史やルールを知って、もっとカーリングを楽しみましょう。

【カーリングの歴史】JOC カーリング 競技の歴史より

氷上のチェスと呼ばれるカーリングは、
髪の毛がカールするように投げられた丸い石が
ゆっくりと回転することから名付けられたといわれています。

カーリングの起源には諸説あるものの、
スコットランドで世界最古のカーリングストーンが発見されていることから、
15世紀にスコットランドで始まったのではないかといわれています。

1838年、スコットランドに『ロイヤル・カレドニアン・カーリングクラブ』が設立され、
そこでルールができ、徐々にスポーツとして世界中に広がっていきました。

1957年には国際カーリング連盟
(1991年に世界カーリング連盟=WCFに変更)が発足。

2年後には、世界カーリング選手権大会が開催されました。

オリンピックの正式種目となったのは
第18回オリンピック冬季競技大会(1998/長野)からで、日本も参加しました。

世界最古のカーリングストーンって、どんなものなのでしょうね。

現在のカーリングストーンは約20キロあるそうですが、昔のカーリングストーンも重そうですね。

>>続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。