古代オリンピックでは、観光客のテントがあふれていた

古代オリンピックは夏に開かれていたそうですが、どうして夏だったのでしょうか。
大阪市立大学文学部教授の関隆志先生の「オリンピックと季節」によると…

まず第一に、夏のエ一ゲ海は波静かで航行に適し海外からの参加者にとって好都合でした。

そして麦の取り入れが終わりオリーヴやブドウの取り入れにはまだ早いこの時期は
農閑期であり、また同時に年の初めでもあったのです。

つまり、今風に言えば古代ギリシアの夏は観光シーズンだったのです。

今は辺鄙なエリス地方ですが、港から比較的近く、
南側に流れるアルフェイオス川も当時は水量豊かで船の航行も可能でした。

そうした関係でギリシア世界最大のお祭りだったオリンピック期間中は
ギリシア各地からゼウス神の聖地巡礼を兼ねた多くの観光客が訪れ、
競技場付近には都市国家(ポリス)の代表団から私的な個人まで、
それぞれ大小まざまで色彩豊かな宿泊用のテントを張り、
その有り様は丁度夏のキャンプ地のように賑わっていました。

会場付近には観光客目当ての商人が集まり、また群衆に向かって政治演説をしたり、
詩を朗読する詩人や恐らく大道芸人も集まって来ていたことでしょう。

つまり、ロンドンのハイドパーク公園のスピーカーズコーナーや
パリのポンピドーセンターの広場のような情景も見られたことでしょう。

そして、古代オリンピック最盛期の紀元前5世紀から、
選手の練習場や招待客のための宿泊設備などの恒久施設が建設されるようになり、
時代を追って公共浴場やプールまで備えられるようになりました。


現代のオリンピックでもオリンピック観戦のため
観光客がたくさん開催地に集まりますが、古代でもそうだったんですね。

古代でもスポーツ観戦は、人気の娯楽だったのでしょう。

そして、色とりどりのテントが並んでる様は、
住民の気持ちもオリンピック観戦に来た観光客の気持ちも高揚させたことでしょう。

大道芸人が披露する音楽や芸を横目に見ながら道行く人達は、古代オリンピック
で行われる様々なスポーツの話題で盛り上がったのかもしれません。

古代オリンピックは、みんながウキウキするスポーツイベントだったんですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/14465670


Excerpt: Eris) はギリシア神話の不和と争いの女神。ローマ神話のディスコルディア (Discordia) に相当する。ホメーロスでは軍神アレスの妹で彼に従う。ヘシオドスでは夜の女神ニュクスの娘。女神テティ..
Weblog: 神話の世界
Tracked: 2007-10-12 13:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。