イナバウアーはホントは足技だった

荒川静香選手の金メダルで、みんなが真似している?イナバウアー
下手に真似すると、背中を痛めるらしいので、気をつけてくださいね。

このイナバウアーは、背中を大きく後ろにそらせたまま滑る技だとばかり思っていましたが、
実は、違うんだそうです。

元フィギュアスケート日本代表で、銀メダリストの伊藤みどりさんのテレビでの解説よると…

足を前後左右に開いたまま滑る技をイナバウアーと呼びます。
その時に同時に上半身をそらしたり、ポーズをとることもします。

ですから、イナバウアーは足技なのです。

荒川選手のように、上半身を大きく体を反らすことは
イナバウアーの条件ではありません。

足を前後に開かないで、
左右だけに開くとイーグルという技になります。

テレビのインタビューで、荒川選手も世間一般の人達がイナバウアーについて
勘違いしていることは知っているとおっしゃってました。

また、なぜ現在のような独特なイナバウアースタイルになったのかについては、

「はじめは少しそらせるだけでしたが、
やっているうちにどこまでできるんだろうと思い始め、
挑戦しているうちに、今のように大きくそらせる形になりました。」

とのことです。

イナバウアーも最初は違った形だったのですね。
現在のイナバウアーは、とても印象的で美しいし、なんといっても迫力があります。

もう、荒川選手の代名詞といってもいいような技にまで進化しているように思います。
posted by olympia at 19:37 | 素敵!フィギュアスケート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。