日本のカーリングは北海道で育まれた

15世紀にスコットランドで始まったのではないかといわれるカーリング。
日本では、どのように普及したのでしょうか。

【日本の競技の歴史】 JOC カーリング 日本の歴史より

日本のカーリングの歴史は1937年までさかのぼります。

1936年に行われたガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピック冬季競技大会に
参加した日本選手によってカーリングが正式に紹介されたといわれています。

これは1940年に開催予定だった札幌冬季オリンピックでの採用を目的とし、
持ち帰ったものですが、残念ながら第2次世界大戦により
札幌冬季オリンピックは開催されることなく、カーリングも普及には至りませんでした。

しかし1981年に北海道カーリング協会が設立。

これは前年に北海道庁が招待した元世界チャンピオンのウォーリー・ウースリアック氏の来日によって、
北海道の市町村でカーリング講座を開いたことがきっかけだったといわれています。

北海道カーリング協会の設立を機に日本でも徐々にカーリングの認知度が高まり、
1984年には日本カーリング協会が結成され、本部が札幌におかれました。

同年には第1回日本カーリング選手権大会が開催され、それ以降、毎年大会が行われています。

1992年11月に(社)日本カーリング協会が発足し、本部も東京に移転しました。

日本のカーリングの歴史は、約70年もあるようです。

北海道の方々が中心となって、
今日の日本におけるカーリングの発展を支えてくれたのですね。

最初から、カーリングの施設があったとは思えませんから、
やはり、冬の凍った湖などでプレイしていたのでしょうか。

>>続きを読む
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

トリノ五輪11:女子カーリング準決勝進出ならず、荒川静香の曲変更
Excerpt: ↑拙作です↑1. トリノ五輪11:女子カーリング準決勝進出ならず、荒川静香の曲変更共同通信から:カーリング 同じ夢を持った5人 氷上にはつらつと旋風 トリノ五輪のカーリング女子日本チームが20日、戦い..
Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
Tracked: 2006-02-21 20:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。