Cutting Edge―日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック |青嶋 ひろの

Cutting Edge―日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブックCutting Edge
日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック

青嶋 ひろの
DAI‐X出版 刊
発売日 2005-12




さらに詳しい情報はコチラ≫


トリノに行くのはこの俺だ―

たったひとつのトリノ五輪出場枠をめぐり、誇り高き戦いがはじまる。
雌伏の日本男子シングル、ここに華開く。

遙かなる頂点へ―フィギュアスケートにすべてを賭けた男たち。
初のフォト&インタビュー・ブック。

高橋大輔、本田武史、中庭健介、織田信成…。

2006年2月のトリノ五輪にむけて、男子フィギュアスケートの
たったひとつの出場枠をめぐる誇り高き戦いを繰り広げている、
注目選手9名のフォト&インタビュー集。




カスタマーレビュー:
カッティングエッジ最高です☆, 2005/12/9

トリノ候補の高橋大輔選手、織田信成選手、元エースの本田武史選手と見所満載です。

特に私的には、高橋大ちゃんに期待してます。
キレのある演技、迫力の滑り、滑らかなスケーティングはピカイチです。

表現力が、あんなに豊かに出せる選手ですから、感受性が強く心が敏感な方だと思います。
演技からも本人の優しさが伝わってくる滑りをしています。
精神力に打ち勝てば、トップを目指せる素晴らしい選手だと思います。

何故、ジュニアで優勝してからあまり名前が出て来なかったか、
この一冊を読むと理解出来ます。

普段の本来の滑りを大会で出せていたら、
今頃は女子より男子の方が先に花の時代が来てたと思います。

この本を読んで選手一人一人を理解して下さい☆すごく納得出来ます☆


フィギュアスケート関連リンク集はこちらから>>
フィギュアスケート商品全般をみるにはこちらから>>
posted by olympia at 09:14 | フィギュアスケートDVDなど
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。