古代オリンピックは神様へ捧げたものだった

【古代オリンピック】

オリンピックは、もともとはギリシャ神話主神ゼウスのために開催された祭典のことです。
紀元前776年から4年ごとに開催されていたと言われています。
ギリシャの聖地オリンピアで行われていました。

古代オリンピックは、神々へのささげ物として数々のスポーツ競技や芸術を捧げるためのものでした。

また、宗教的な理由から、競技者も観客もすべて男性で、競技者は全裸で競技をしなくてはなりませんでした。

紀元前146年、ギリシャがローマ帝国に併合され、一時はローマ帝国全土からオリンピック参加者が集まりましたが、392年に、キリスト教をローマ帝国の国教と定めてからは、オリンピア信仰は邪教となってしまい、紀元前393年に開催された第293回オリンピックを最後として幕を閉じたのです。




【近代オリンピック】

1892年、フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵は、古代オリンピックの考え方を取り入れ、各国から選手を集め、平和のための競技の祭典を行うという考えを提唱しました。

その提唱に世界の国々が賛同し、古代オリンピックの終焉から1500年も後に、近代オリンピック競技大会が誕生したのです。

第一回オリンピックは、古代オリンピックを倣い、1896年ギリシャのアテネで開催されました。

>>続きを読む
posted by olympia at 00:29 | オリンピックのオモシロ歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。